流産に立ち向かうママたち

とても残念なことになりますが、ひとつだけ確かなことが言えるとすれば、妊婦さんであれば誰にでもなり得る事態になるのが流産です。

その種類と原因を知り、その後のケアの方法についても知っておくことで、いざというときに役に立つでしょう。もしものときに慌てないためにも知っておきましょう。

こんなにも種類がたくさんあるのが流産になる

非常に多くの種類があります。胎児が子宮内で亡くなるのが稽留流産と呼んでいます。

こんなにも種類がたくさんあるのが流産になる

最近は報告される数も多くなっており、母体すなわりお母さんの身体が妊娠して胎児を育てる体作りができていないことが指摘されています。

その他には受精したけれど着床しなかった状態になり、生理が来てしまうケースであったり、切迫の場合は妊娠22週未満で出血や痛みの症状を伴うこともあります。

また進行していることもあり、その場合は完全と不全にわけることができ、ケースによっては治療が必要になることも。さまざまな種類があり、症状が出るものから出ないもの、そして治療が必要なケースからないこともまであります。

このような種類があることを知っておきましょう。

種類も多いが原因も非常に多くの要因がある

いろんな事柄がありますが、それぞれに見ていきましょう。まず黄体機能不全があげられます。

種類も多いが原因も非常に多くの要因がある

胎盤の形成に欠かせない黄体ホルモンがうまく分泌されずに、胎児が成長しないことで起きることが考えられています。黄体ホルモンを分泌する脳下垂体の異常も考えられていますが、その多くは卵巣の代謝が悪いことで起きることが多いです。

また子宮内膜は黄体ホルモンにうまく反応せず胎盤が育ちにくくなり、そこから胎児が育ちにくくなることも。このケースであれば子宮内膜機能不全と呼ばれています。

特に子宮に関しての問題によって起きることも多く、子宮筋腫や内膜症などの症状によってリスクが高まることも指摘されています。妊娠前に改善しておけばそのリスクを軽減することができますので、妊活前から気にしておくべき事柄です。

人それぞれによってその後のケア方法がある

とても悲しいことであり、特に妊娠に恵まれなかった家庭で起きてしまうと、落ち込んでしまう女性も多いです。

人それぞれによってその後のケア方法がある

そのためにケアについても知っておくことをおすすめします。

まずは身体に負担が掛かっていますので、ゆっくりと休めるようにしてください。

それと同時に大切なことは、精神的なケアです。なるたけ想いをすべて吐き出すような状態を作るようにしましょう。

かかりつけになっている医師や看護師に吐き出すこともできますが、パートナーの存在も忘れてはいけません。だからこそパートナーがしっかりと受け止めてあげる体制を整えてあげることも重要になります。

身体の異常がなければ、次の妊娠も可能になりますので、先のことも考えて、今はゆっくりと休むことを考えてください。