流産に立ち向かうママたち

東洋医学であっても西洋であっても、同じことを指摘されています。妊婦さんにとって体温の低下は流産のリスクが高まります。体温管理を徹底することによって、そのリスクを下げることができますので、妊婦さんにこそ関心を持ってほしいことがあります。

なぜ体温管理が流産のリスクを軽減する?

胎児を育てるには、支給と卵巣が重要な機能となります。特に卵巣においては黄体ホルモンを分泌し、妊娠の準備をするだけではなく、胎児のベッドである胎盤をつくる役割もあります。

もちろん子宮も大切な役割がありますが、双方とも体温管理が行き届くことによって、血流が促進されうまく機能するようになります。妊活であっても、妊娠中であっても、体温管理はとても大切です。

血流の促進を図るためには運動が最適ですが、妊婦さんになると動くことに不安を感じる人も多いでしょう。また妊娠する前にこそ準備を整えておくことで、胎児が育ちやすい母体づくりにも貢献をすることになります。日頃から体作りをするようにしましょう。

こんなにある!できる対策を取り入れるようにしよう

まず服装に気を付けるようにしてください。靴下から生活に取り入れるようにしましょう。足元が冷えてしまうと、それだけ体全体を冷やしてしまうことになります。

当然ですが、露出した服装も控えるようにしましょう。これは何も妊婦さんだけに限らず、赤ちゃんが育ちやすい体づくりをするためにも日ごろから取り入れることも大切です。

運動も効果的です。妊婦さんになると不安もありますが、ウォーキングだけであっても効果的な体温管理をすることができます。生活に歩く意識を取り入れるようにしましょう。ただし無理は禁物。切迫流産のリスクもありますので、無理をしない程度に取り組みましょう。

妊娠前にこそ体温管理について関心を持とう

妊娠してから体温管理に関心を持つことも大切ですが、それだけでは遅すぎることも。黄体機能不全に関していれば、事前に基礎体温を記録しておくことによって、自分の卵巣の状態をある程度把握することができます。

記録を付けていくことによって、黄体機能不全を知ることのきっかけとなりますので、できれば妊娠前にしておきたい準備になるでしょう。

また日頃から体温を冷やさないように工夫をしている女性というのは、それだけ赤ちゃんを育てる体づくりができていることになります。

それだけではなく、妊娠をする力も同時に宿すことになりますので、マイナスになることは少ないです。体温管理は妊娠前にこそ、関心を持ってください。