流産に立ち向かうママたち

妊娠してから流産をしないための対策をするのは限界があり、そのほとんどが体を温めることと、医師に頼ることしかないことになります。妊娠をする前にこそ、対策を立てることによって、リスクを軽減できることを知っておきましょう。

流産しにくい体作りをしておくことが大切

妊娠6~7週目くらいで子宮の中で胎児が死亡している状態となる稽留流産が増えており、その原因として女性が妊娠をする体作りができていないことを指摘されることが多くなっています。

子宮と卵巣は赤ちゃんを宿すために双方との連携が欠かせない機能となっています。妊娠をする前にも双方の機能を高めることができ、それができている人はリスクの軽減をすることができます。

厚生労働省の調査によると、母子手帳の発行が年間200万に対して、赤ちゃんの誕生が80万人になっていることから、それだけ母体のなかで胎児が育っていないことがわかります。

また80万人のなかでも約30万人がなんからの障害を持っていることから、事前の準備が大切であることがわかるはずです。

妊娠する前からできる対策方法がいくつかある

妊娠してからでないと関心を持つことができないのは理解できますが、それだけではリスクの軽減としては乏しくなります。よって妊娠する前にこそ、行ってほしい対策がいくつかあります。

子宮と卵巣が胎児を育てるために欠かせませんが、その双方の機能を高めるためには血流の促進が必要です。

冷暖房が整っている環境で生活をしている現代人は、気温の変化にうまく対応できなくなっています。それにより冷え性を発する人も多くなっており、そのような女性こそリスクが高まることがわかるはずです。

体温調整を妊娠をする前からしておくことで、胎児を育てる胎盤づくりに欠かせない子宮と卵巣も強くなります。

できる対策として定期的な検診も欠かせない

子宮や卵巣の連携が胎児を育てる上で必要な環境となります。どちらも大切な機能となりますが、特に子宮に問題を抱えている女性が多く、そのような人こそ流産のリスクが高くなってしまいます。

黄体ホルモンが分泌されたとしても、子宮がうまく反応をしなければ胎盤は育ちません。子宮筋腫や内膜症を患ってしまうことによって、そのリスクが高まってしまいます。

定期的な検診によって発見することができ、妊娠する前に改善をすることでリスクも軽減できることを知っておきましょう。だからこそ日々の変化に関心を持っておくようにしてください。どんな女性であってもリスクを抱える問題になりますので、関心を持つことがとても大切です。